新潟市「アルシェふるまち」起工式のご報告

2018.04.09

法人管理部

イベントレポート

平成30年4月5日(木)桜🌸の咲き始めた青空のもとで、新潟市新規事業「アルシェふるまち」の起工式が執り行われました。



建設地は湊小学校跡地の一部です。創立121年の歴史をもつ湊小学校は平成27年3月に閉校となり、日和山小学校へと統合されました。地域の皆さまの思い出がたくさん詰まった土地であり、アルシェふるまちの建つ場所はかつての体育館があった場所がメインとなります。子どもたちの元気で明るい声が響き渡った素晴らしい土地です。

隣地には新潟市の市営住宅、公園、公民館が計画されていて、コミュニティ構築を担う大切な場所になることを期待されてのスタートとなりました。


厳かに式典は進みます。地鎮の儀は斎鎌を設計担当のセブン建築設計事務所様、斎鍬を湖山理事長、斎鋤を建築担当の五十嵐建設工業様が行いました。

地鎮の儀が滞りなく済んだ後にお神酒を拝戴し、湖山理事長が挨拶をされて起工式は無事終わりました。
湖山理事長からは「アルシェふるまち」の名前の由来から、「大切な命を乗せる方舟(アルシェ)となり、地域を守りながら進んでゆく施設を目指してほしい」と新潟事業部の田村次長へ激励の言葉が伝えられました。

いよいよ建設工事が始まります。工事関係者の皆さまと共に無事船出を迎えられるよう頑張ります!

〈2018年4月9日 法人管理部 事業企画課 根津香穂里〉