先輩職員の声

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
栄養士兼調理員
勤務先
特別養護老人ホームさくら館 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・決められた時間内に盛り付けが終わらず、他の職員さんの仕事にも影響してしまい迷惑をかけてしまう。
・お客様の名前と顔が一致しなくフロアに昼食を盛り付けに行く際や、おやつレクの際にお客様とのコミュニケーションが図りにくい。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・調理前に先輩たちにその日の献立の効率よく進めることができる調理方法を質問し教えてもらった。
・作業が遅れた原因を振り返りメモに書き、次にその失敗を繰り返さないようにした。
・レクなどでお客様と触れ合う機会に名前と顔を一致できるように努力した。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様に「いつもありがとう」や「ご苦労様」などさりげない言葉でもとても嬉しく、もっと喜んで頂けるような食事を提供できるように頑張ろうという気持ちになれる。
・自分が作業をすると時間がかかってしまうものも、先輩が行うとすぐに終わらせていて、尚且つ丁寧な作業で驚いた。自分も先輩たちのような作業ができるように頑張ろうと思えた。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・作業のスピードをアップし、美味しい食事が作れて調理技術も向上できるようにしたい。
・お客様のことをもっと理解し、上手くコミュニケーションを図れるようになり、お一人おひとりに合った食事・嗜好になるべく沿った食事を提供できるようになりたい。

2016年3月 華学園栄養専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様1人1人の介助方法を理解することや、お客様の顔と名前を覚えてコミュニケーション出来るようにすることが自分にとってすごく大変だと感じました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員の方々に色々と教えていただいたり、自分から声をかけることがあまり得意ではありませんでしたが勇気をもって話しかけてみたりと自分なりに頑張ってみました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自分が「おはようございます」とお客様に声をかけると、お客様も「おはようございます」と挨拶をしてくれることが凄く嬉しいです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・自分1人で出来ることが少しずつですが増えてきたと思うので、それをより出来るようになることと苦手だと思う所は、これから克服できるように仕事により一生懸命に取り組んでいきたいです。

2016年3月 県立高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・それぞれのお客様のケアプランを把握し、ケアプランに沿ったケアを行うこと。
・お客様の移乗、特に、体の大きなお客様の車いすへの移乗が上手く出来ず、一人では少し危ない。
・すべての業務の流れを把握し、滞りなく業務が進むようにすること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・わからないことをそのままにせず、また、すぐ先輩に聞くのではなく、自分なりに考えたことを伝えてから意見を頂くようにした。
・自分一人では転倒させてしまう可能性のあるお客様の移乗は、近くの職員に協力を依頼し、安全性を第一に考えた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・配属されてすぐの頃は、お客様との距離が離れていて、話しかけてもあまり笑顔を見せてくださらなかったお客様と、段々打ち解けてきて、会話の中での笑顔も増え、ついには「あなたでよかった」と言って頂けたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・自分に対して介助拒否のあるお客様に、先輩のお声かけの仕方や介助の仕方を見て、聞いて学び、少しでも拒否されることが無くなるようにしていきたい。
・既往歴や薬の副作用を覚え、お客様の行動がどのようにして起こっているのかを考えていけるようになりたい。

2016年3月 淑徳大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・大変だったことは、一人でユニットを回せるようになるまですごく大変だった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員の方に励ましてもらい乗り越えることができた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様の「ありがとう」って言葉やニコニコしてる顔を見て感動した。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様一人一人に合った対応をしていきたい。

2016年3月 県立高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・時間通りに排泄介助・トイレ介助や食事の準備・食事介助などの業務をこなしていくこと。
・介護の専門技術・用語を短い期間にたくさん覚えること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・頭の中でどうやったらスムーズに仕事ができるか考える。
・わからない用語は忘れないうちに先輩に聞き覚えるまで何回も読み返し、技術は不安だったら先輩に手本を見せてもらう。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様から「ありがとう」と感謝の言葉をもらったこと。
・初めての一人立ちの時にお客様から「おめでとう」と祝福の言葉をもらったこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・来年から後輩ができるので来年までに「一人前の介護士」といわれるようになる。

2016年3月 千葉情報経理専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の不穏対応や体調の変化など業務中のイレギュラーに対応することができず気持ちも焦ってしまった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・一人で解決せずに協力ユニットの先輩職員に助けを求めイレギュラーが落ち着いた後に対応方法を教えてもらい適応できるよう取り組んだ。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・勤務を終えたのでお客様に帰ることを伝えたら「気をつけて帰れよ」という言葉を頂いた。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・今自分がいるユニットのお客様対応の完成度を高くし、今後幅広いお客様に対応できるスキルを身に着けることを目標に行動していきます。

2016年3月 城西国際大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームアルマ美浜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・入職してこれまで大変だったことは、認知症や精神疾患のあるお客様への声かけである。どのような対応が一番落ち着くのかお客様一人ひとり異なるため、そのお客様に合った声かけを見つけることが難しく大変であった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員がどのようにお客様に声かけをし、お客様との関係を形成しているのか、先輩職員に直接聞いたり、お客様との何気ないやり取りを見るようにした。また、お客様の立場に立って物事を考えることを意識して、なぜこのような行動を取ったのか、どのような対応がされたら嫌かなど考えて対応するよう心がけた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・入職してこれまで感動したことは、現場の先輩職員のお客様への接し方である。お客様が不穏になっていた時、何度声かけしてもお客様の耳に入らない場合もあるため、あえて話を逸らしたり、常にお客様の側にいるのではなく、少し時間をおいて再度声かけしたことでお客様が落ち着いたところを見て感動した。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・今まで多くの指導や指示をもらってばかりだったため、自分で考えて行動することはもちろん、今の自分にできる業務を一つ一つ丁寧かつ素早くこなしていきたい。また、多くの業務を素早くこなしていくスキルも現場での業務を通して身に付けていきたい。

2016年3月 淑徳大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・排泄時、お客様から抵抗、拒否されること。
・お客様お一人お一人の個性と特徴に合わせて介護すること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・うまくできている先輩に聞いて、自分がなぜうまくいけないのかを考えてはっきりすること。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・挨拶しても無視されてきたお客様が笑顔して挨拶してくれること。
・先輩たちに自分の介助を認めてくれたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・機嫌斜めときのお客様の対応と声掛けすること。
・社会福祉士資格取ること。

2016年3月 西武文理大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の名前を覚えるのが大変だった。また、片麻痺があるお客様の排泄介助がうまくいかず、時間がかかってしまった。お客様が熱を出してしまった時等なにかあった場合の対応が良く分からず、一人で焦ってしまった。いつもと違うことがあると、どうすればよいのかわからず一人で焦ってしまった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・分からないことは先輩職員やパート職員の方に話を聞いたり、どのように対応すればよかったのかを教えてもらったり、実際にやっているところを見せて頂いた。一人で業務を行う際、先輩職員から頂いた紙をみて忘れていることはないか確認ができた。先輩職員だけでなく、相談員や看護師にも対応の仕方を教えて頂いた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・先輩職員に介助を行った際に前より良くなったねといわれこと。お客様に些細な事でもありがとうと言っていただけたこと。前の日に行っていた体操を覚えて頂いており、体操が終わったときに続けて手を動かしていただけたとき。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・新規のお客様などが増えてきたため、その方にも楽しんで頂ける様にレクリエーションの充実。その人その人にあった介助方法を考え、実行していきたい。また、なかなかお食事を召し上がらないお客様もいらっしゃるため、その方にどう声掛けを行うか、少しでも多く無理やりではなく食べて頂けるにはどのようにすればよいかを考えていきたい。

2016年3月 淑徳大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の特徴や仕事の流れを覚えること、トランスやオムツ交換のコツをつかむまでが大変でした。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・出勤前に仕事の流れを確認するようにしました。トランスやオムツ交換はプリセプターさんに聞いたり、いろいろ試してみて、自分のやりやすい方法を探してみたりしました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様が誕生日の日に他のユニットの職員さんが声をかけに来ていたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・どんなことがあっても、慌てずに対応できるようになりたいです。

2016年3月 県立高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の急な対応に反応できず、業務に時間がかかってしまった。そのため他のお客様の生活リズムに合わせた介助ができなかった。
・お客様一人一人の生活を支えるうえで、何を優先すべきか迷い、お客様や他のお客様に迷惑をかけてしまった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・困ったことや、迷ったことはその都度先輩職員に聞いたり、また気にかけていただいた。その度に自分の対応できる幅を少しづつ増やしたり、効率のいいやり方や業務の組み立て方を学び、お客様への介護のレベルを上げられるように現在も頑張っています。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様から「あなたは頑張っているんだから、自分を責める必要はないのよ」と声をかけてくださった事。
・業務が間に合わなかったときに先輩職員に助けていただいた事。自分も先輩職員になったときに同じようにできればと思います。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様にとって何を優先すべきかを考えて行動が起こせる・判断をすることができるようになっていきたい。そのためにお客様一人一人の残存能力やその日の体調に気を配れる様がんばります。

2016年3月 大川学園医療福祉専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の顔とお名前を覚えることがまず大変でした。そして、それぞれ食事形態が異なっており、その把握も大変でしたが、半年が経過してそれも覚えられたかなと思います。ですが、未だに食事形態については間違ってしまうこともあるので、これからも気を付けていきたいと思います。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様の顔とお名前を覚えるにために、お客様と積極的にお話をしました。そうすることで自分自身の顔と名前を覚えていただけると同時に、お客様のお顔やお名前だけではなく、お客様自身の情報も覚えられるので、これからの自分のためにも楽しく乗り越えることが出来ました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お風呂介助を行っていた時に、お客様から「あなたに入れていただいて本当によかったわ」と言っていただいたことに感動しました。お客様が気持ちよく入浴できるように色々工夫や声掛けなどを頑張ってはいましたが、それが認められた瞬間であると思い、感動しました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・入職してから今もレク活動の進め方に苦手意識を持っており、いつも先輩職員に頼ってしまうので、これからは先輩職員に頼らずにレク活動を進行できるようにしていきたいと思っています。そのためには、先輩職員のレク活動の進め方をよく観察して学び、そして自分自身もレク活動について勉強をしていこうと思っています。

2016年3月 清泉女子大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様一人ひとりの特徴を覚える事。
・業務を、時間内に終わらせること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様と関わる中で、お客様の好きなことや、こだわりなどを覚えていった。
・先輩方にアドバイスをもらいながら、自分が何に時間がかかっているのか、無駄な時間はないのかということを考えながら仕事をし、無駄な時間をなくし、効率よく動くようにした。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様から「ありがとう」と言われたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様が安心して介護を受けられるような職員になりたい。

2016年3月 東京福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様について気を付けなければならないことを常に頭の中に入れておかなければならないこと。また、フロア業務をしていくなかでの時間配分を考えて行動しないといけないのが大変でした。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・週に1回しか利用されないお客様もいるので、お客様について少しでも分からないことが出てきたら、すぐに先輩職員に確認しました。時間配分については、どうしたら要領よく後に余裕を残していけるのか、自分の行動を振り返りながら考えていきました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・初めてお客様の前に立って朝の会や集団体操をした時、お客様から暖かい拍手を頂いたこと。普段から物静かなお客様から「ご苦労様」と言葉をかけていただいたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・「今、お客様が何をしたいのか」を読み取って、自分から先にお客様に対して行動出来るようになっていきたいと思います。

2016年3月 淑徳大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・パット交換に時間がかかってしまうこと。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員にコツなどを教えてもらい乗り越えることができた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様の笑顔。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様一人ひとりがこの職員さんでよかったと思える職員になる。

2016年3月 新潟経営大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームケアカレッジ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様ひとりひとりに合わせたケアを考えながら対応していく事。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様の情報を知り、自分が配属されるより前の出来事も先輩方から教わることでひとりひとり人物像がはっきりしていった。詳しく知ることで素早く対応できるようになったと思う。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・些細なことで「ありがとう」と言っていただけること。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・介護に関する知識を増やし、より適切な介護技術を身につけたい。

2016年3月 県立高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
グループホームひばりの空
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・介護の経験がなく、怖くて出来ないという理由で、お客様の介助を避けないようにした。また、少しでも早く、一人立ち出来るように積極的に介助を行った。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員からの介助のアドバイスを聞き、すぐに実行することで、自分に合う介助、またお客様に合った介助を見つけながら大変だったことを乗り越えられるようになった。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様から「ありがとう」と、言葉をいただいたことである。入職前は、お客様が満足していただく介護が出来るか不安だった。けれど、一人でお客様の介助を行ったとき、お茶をお出しする時等、「ありがとう」と仰っていた。その言葉を聞いた時、頑張って介助を身につけられるようになって良かった、と感じた。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・少しずつ介助が出来るようになったが、シャワーチェアを使用するお客様の介助、オムツ交換等、苦手な介助がある。また、爪や髭等の身だしなみでは、お客様に怪我をしてしまうのではないかと今まで避けていた。その為、今後は苦手な介助や身だしなみを整える為のケアを積極的に行い、今年までに全ての介助を一人で出来るようにする。

2016年3月 駿河台大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員(栄養士)
勤務先
グループホームひばりの空
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様とコミュニケーションをとることです。入職当初はお客様の顔と名前を覚えられなかった。                                        ・介護技術が足りずに日々困っていました。お客様をベットから車いすに移乗すること、トイレ介助、入浴介助など。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・勇気を持ってお客様にお声掛けをし、会話をするようにした。
・分からないことは先輩職員に質問したり、積極的に業務に参加することによって、一つ一つの業務にも慣れ、自信を持って業務に取り掛かる事が出来るようになった。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・職員一人一人の仕事への意識の高さ、丁寧な話し方。
・いつも笑顔を絶やさず業務にあたっていること。
・職員間の雰囲気の良さと、仲の良さに感動した。
・食事を作ってお客様に提供した際、「おいしい。」と言ってもらった事。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・介護の現場を知っている栄養士として、一人ひとりのお客様に合った食事形態で多くの美味しい食事を提供したい。
・発注業務、献立作成を完ぺきにこなす栄養士になって、いつかは管理栄養士の資格を取りたい。

2016年3月 武蔵野栄養専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員(管理栄養士)
勤務先
グループホームひばりの空
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・今までは管理栄養士の勉強しかしてこなかったので介護に関しての知識はほとんどありませんでした。そのような中で介護の現場に入り、認知症を患っている利用者の方と接っし、コミュニケーションを取ることが非常に大変でした。また移乗などの介護が上手くいかず、スムーズに利用者様を動かすことが大変で、体の使い方に四苦八苦しました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・認知症を患っている利用者様とのコミュニケーションに関しては何度も何度も自分からお声掛けをしていき、まずは自分がここの職員であることを認識して頂くことから始めました。そして利用者様と接する際は利用者様の話していることを遮らず傾聴するようにしました。そうすることで利用者様と上手くコミュニケーションを取ることができました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・入職した当時は食事をほとんど召し上がられなかった利用者様が、入職してから四カ月ほど経つころには食事量が増え、体重も増加してきたことです。その四カ月の中でお声掛けをしたり、食事の内容を少し変えたりすることでいい傾向になってきました。そして食事量が増えた要因に新しく入居された方が友達だったそうでその方の影響もあったのだと思います。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・管理栄養士の資格を取得しましたのでその資格を最大限に生かしたいと思います。現在、私が勤めているグループホームは隣にある特養の献立をベースに発注をかけ調理をしています。そのためグループホームの方にとっては物足りなくなっています。グループホームにはグループホームにあった献立を九月から少しづつ立てることに挑戦していきたいと思います。

2016年3月 城西大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
健康倶楽部むさし野の森 小規模多機能型居宅介護
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・入職して一番最初、ご利用者様のお名前とお顔を覚えるのが大変でした。お名前とお顔を覚えた後は、食事形態や禁食、入浴方法などお一人お一人の介助の方法が違うので把握することが難しかったです。送迎で、ご利用者様の家を覚えることや車に乗って頂く位置、乗降時の安全な誘導方法を覚えるのに時間がかかりました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・ご利用者様のお名前とお顔を覚えるためにご利用者様の特徴をノートにまとめ、出勤した際にお顔を見てお名前を呼びながら挨拶をして覚えました。わからないことは、素直に先輩職員に聞いて分からないままにしない事を心がけました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・介護職員として当たり前のことをしているはずなのに、ご利用者様から「ありがとう」と感謝の言葉をかけていただきとても感動しました。また、仕事へのやりがいをかんじました。調理もあまり得意ではないので、とても心配なのですが「大丈夫だよ。美味しいよ」と言って下さるので頑張ろうという気持ちになります。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・自分の持っている資格を生かし、ご利用者様お一人お一人に合った体操やストレッチを出来るようになりたいです。また、調理があまり得意ではないのですが色々な工夫が出来るようになりたいです。

2016年3月 東京リゾート&スポーツ専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
健康倶楽部むさし野の森小規模多機能型居宅介護
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・入浴介助の際、お客様一人ひとりお好みの湯温や洗い方が異なり、覚えるのに苦労した。訪問介護はまだ慣れず、予定外の事が起こらないか不安である。昼食後休憩のため見守り職員が少なくなってしまう時間帯は、何に注意しなければならないか考え常に意識することが大変である。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・入浴についてはメモをとったりお客様に毎回確認をし、気持ちよく入浴していただけるように配慮している。訪問介護は何かある度に電話確認をし、冷静に対処できるように心掛けている。見守りについては職員で声をかけ合いながら、お客様の状態にあわせて気を付けている。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・一部介助が必要な方には、できる限りご本人様の力で立ち上がっていただけるように声かけをしている。食器拭きやリネン畳みのお手伝いをしていただく際、お客様から「やります」と積極的に参加して下さることに感動しました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様の不安を受けとめられるように自信を持って受け答えしたい。自分の仕事以外にも、他の職員のフォローができるような視野の広い職員になりたい。夜勤では、もれがないように次の日に引き継ぎたい。

2016年3月 大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑 通所リハビリテーション
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・約130名のお客様のお顔とお名前を覚えることです。
・一日の業務の流れとその内容を覚えることです。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・多くのお客様と積極的にコミュニケーションを図り、自分をアピールしました。
・積極的に自分から先輩職員に聞いて、教えて頂きました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様に私の顔と名前を覚えて頂き、名前で呼ばれるようになったことです。
・お客様に笑顔で 「ありがとう」 と言って頂けたことです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様の身体状態の把握をすることです (どのような介助が適切なのか、どこまで介助を必要としているのか等)。

2016年3月 東京福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
栄養士兼調理員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・任された仕事を時間内に終わらせることが出来ない時があること
・お客様が伝えたいことを汲み取れず、うまく対応できなかった時

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・自分の動きと、他の人の動きを比べ、良い所は真似するようにした
・効率よく業務を行うには、どうすれば良いか先輩職員に聞いた
・お客様への対応に迷った時は、介護職員に聞き不適切な対応をしないようにした

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・どうしたらより良い食事を提供できるのか、真剣に討論する先輩職員の姿を見た時、自分の仕事の大変さではなく、お客様の立場になって食事の質について考えていて、私もそうなりたいと思った。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・フロアに出た時に、お客様と積極的にコミュニケーションをとったり、食事介助等を行い、一人一人の状態や好みについてもっと知りたい。また、提供する食事がお客様にとって適したものであるか判断できるようになりたい(硬さ、味、大きさなど)。

2016年3月 岐阜市立女子短期大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・大変だったことは、お客様の顔と名前を覚えること、業務を覚えることです。
入職後、今いるフロアとは異なるフロアで仕事をする時期があった為、お客様の顔と名前が一致するまでに時間がかかりました。また、福祉系の学校を出ておらず、基礎知識もほとんどないまま入職した為、一から業務を覚えねばならず、大変だと思う事がありました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・顔と名前を覚える事の場合は、名前と座席をメモし、お話しする、配膳時等にしっかりと名前を呼んで顔を見ることを心掛けることで覚えていきました。新しく入所されたお客様、短期入所のお客様も、同じ様に覚えています。
業務を覚える事の場合、何度も繰り返し行い、先輩方のアドバイスを試し、自分なりの介助方法を工夫する事で克服しました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・看取り事例を通し、命の強さと儚さを、間近で感じたことです。
食べ物も飲み物も口にされず、終日ぐったりされていた方が、笑ってお話しできるまでに回復された事がありました。一方で、数日前まで笑顔を見せて下さっていた方が、亡くなっていた事もありました。
これらの経験を通して、この場所は悲喜こもごもの職場なのだと、改めて感じました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・挑戦したい事は、お客様の笑顔を、毎日ひとつでも引き出すことです。
例えば、多くのお客様が楽しみにしている食事を、より美味しく食べて頂くこと。お話しを聞いて、感情を共有する事、作業をする中で、お客様同士の会話を広げることなど。その為に、お客様のご様子をしっかりと観察し、理解した上で、どうすべきかを考えていきたいと思います。

2016年3月 秋田大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の顔と名前を覚える、またどのような介助を必要としているのか把握することが大変だった。
・介助時にお客様の気持ちにそった声かけをすること。
・トイレ誘導やオムツ交換でテープやパッドをずれずに丁寧にあてること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様と積極的にコミュニケーションを図り、介助させて頂くときには顔を見ながら名前を呼ぶことを心がけた。またお客様の介助で分からないことは先輩職員に聞くようにした。
・オムツ交換のポイントを先輩職員にアドバイスをして頂いた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様から手を握ってもらい「お気持ちありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と笑顔でおっしゃってくれたこと。
・介助時に拒否されたお客様から徐々に頼まれることが多くなり、日々のかかわりの中で信頼関係を築くことができたと感じたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・日々のかかわりの中でお客様一人ひとりの気持ちに寄り添い、信頼関係を築いていきたい。
・全ての業務を行ううえで、今までは手いっぱいで焦ることも多々あり、余裕をもってお客様の介助を行いたい。

2016年3月 山梨県立大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
調理師
勤務先
介護老人保健施設みさと苑 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・盛りつけ作業が苦手で時間を大幅に押してしまうことが多く、また器の縁に料理がついてしまい見た目が悪くなってしまうことや、全量を均等に盛りつける事がなかなか出来なかった事。
・食事を配膳する際に、食札を基に代替や禁食や食事量などを見て素早く配膳することが上手く出来ずに、誤った食事を付けてしまいそうになった事。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・盛りつける料理の全体量を食形態ごとに大まかに分け、更にその分量を器の数に応じて分配していく方法を覚えた。また、盛りつけが終わってから一度全体を見回し、盛りつけが汚くなっていないかの確認を行うようにした。
・食札の情報だけでな、フロア配膳に行った際にお客様のお顔と名前を覚え、食形態と繋げるようにした。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・食事摂取量が低下し元気をなくされたお客様に対して、その方が少しでも食事がとれるように好きな物を個別にお出し、今では元気に食事をされている事。
・副菜の味付けと盛りつけをさせて頂いて、初めてお客様から直接「今日の和え物は特別美味しかった。絶品だった」と言って頂けた事。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・得意なお菓子作りを通じてお客様に喜んで頂けるよう日々の業務の中では勿論、企画や特別な日のお菓子作りにも関わっていきたい。
・自分の任された仕事だけでなく周りを見てフォローや洗い物、片付けなど、他の人の支援が出来る余裕を持ち現場の役に立てるようになりたい。

2016年3月 北陸食育フードカレッジ卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
管理栄養士兼調理員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・各勤務の作業内容と動きを理解すること。
・業務内の作業を時間配分して動くこと。
・お客様とのコミュニケーションや顔と名前を覚えること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・分からないことは先輩職員に質問をし、予習を行うようにした。
・先輩職員の動きを参考にし、どうしたら自分が効率よく動けるか模索した。
・配膳時や企画の際に、お客様に声を掛けるなどして関わりを持つよう心掛けた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自分が味付けや盛り付けを行った料理をお客様が笑顔で喫食され、「ありがとう」、「ごちそうだね」などの感謝の言葉を聞けたこと。
・お客様1人、ひとりに個別の対応を行い、お客様の笑顔を引き出せる介護職員を見て、自分も接するだけで笑顔を引き出せるようになりたいと感じた。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様に食事で笑顔になっていただけるよう日々お客様の声に耳を傾け、安全で美味しい食事を提供できるようになる。
・視野を広く持ち、素早く丁寧に作業を行う。
・厨房内の動きが理解できる栄養士になる。

2016年3月 北里大学保健衛生専門学院卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員兼生活相談員
勤務先
特別養護老人ホームかりんの里デイサービスセンター
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様おひとりお一人の顔と名前の一致、また個々のお客様の状態を把握し、個別ケアを行うこと。
・お客様との距離を縮めていくこと、また、体操、レクリエーション、送迎介助も先輩のように上手く出来ず苦労した。
・お客様のペースがつかめず、1つ1つの業務や介助に時間がかかってしまったこと。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様の顔と名前を一致させるために、自分から積極的にお客様の名前を呼び、コミュニケーションを図った。それによりお客様の情報と結び付けて覚えられるようにした。
・個別ケアができるようにおひとりお一人の介助を先輩方に教わり、丁寧に行っていく中で、業務の時間帯や流れも把握していくことができた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・入職当初は認知症がある方への接し方が分からず、戸惑いを感じながら仕事をしていた。先輩職員に「お客様の生活歴を聞くと生き生きと話してくれる。」というアドバイスをもらった。昔していた仕事の話をお客様に聞いてみると、誇らしげに「花を育てたんだ。」と話しだされ、お客様の生き生きとした笑顔が見られたことに感動した。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・通所介護の職員として、1人で安全に送迎介助を行えるようになる。
・お客様への理解を深めたり介助方法を身に付けていくことで、お客様の対応について提案ができるようになる。

2016年3月 東北福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様一人ひとりの名前や介助を把握する事。おむつ交換やトイレ誘導がお客様によってスムーズにできる方もいれば、なかなかうまくいかず時間がかかってしまう方もいる事。一つ一つの動作がスムーズに行かず、お客様に負担がかかってしまったこと。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・分からないことを先輩の職員に聞いたり、相談した。他の職員の動きを見て参考にした。教わった事をメモに取ったり、頭の中で何度も思い浮かべた。業務の流れを把握し、仕事をこなしていった。何度も同じ仕事を繰り返すことで、自分なりのコツを見つけていった。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・介護をしていく中で、お客様に感謝されたり、頼まれごとをされたこと。少しずつではあるが、お客様にも職員の一人として認められたと実感できた。食事に季節の物を出していること。施設の中で過ごされているお客様に、季節を感じてもらうよい工夫であると感じる。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・自分には控えめなところがあり、あまり自分から積極的に物事に取り組む、という事が苦手で、要領よく動けないことが多く時間がかかってしまうことが多かった。そのため、仕事の流れや、お客様の状態を把握し、自分から積極的に行動できるようになりたい。また、お客様に満足していただけるような介護が出来るようになりたい。

2016年3月 新潟青陵大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
管理栄養士兼調理員
勤務先
特別養護老人ホームこころの杜 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・切り込み、洗浄、配膳準備、調理などそれぞれの業務を時間内に終わらせること。効率良く作業を行うこと。
・食数、食事内容の変更に対する食器の準備や早配膳の方の対応。
・麺などの変わり献立時の食器の用意や盛り付け、配膳準備。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・わからないことはすぐに先輩職員に確認をし、行動に移すように取り組んだ。
・先輩の技術を実際に見させて頂き、その後自分に合うやり方を見つけながら少しでも効率良く行うことを考えながら行うようにした。
・できなかったこと、失敗したこと、指摘を受けたことをメモに残し繰り返さないようにする。できることを増やし、自信をつけるようにした。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・調理師、栄養士関係なく厨房の業務に携わり、意見を交換し合っていること。
・お客様と直接交流できるように、ユニットラウンドやユニットと栄養科の企画を行い、ふれあえる時間、場所があること。
・常食を食べることができない方への加工した食事の盛り付けを常食と同じようにするために献立により工夫していること。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・厨房業務6形態をそれぞれ一人立ち出来るようにする。
・栄養士業務と厨房業務の両立をする。
・お客様の顔、名前、そして食事形態を一人でも多く覚えていく。
・厨房機器を使った献立や揚げ物、禁忌の方の対応など様々な献立の調理をできるようになる。

2016年3月 実践女子大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
調理師
勤務先
特別養護老人ホームこころの杜 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・副菜の調理をしながら主菜の調理の準備をするなど、様々な作業を同時進行で行うことや、ソフト食を作るために必要な計算を計算機を使わずに暗算をすること。
・また、使用した大きな鍋を運んだり、配膳のために重いものを持ち上げるなど体力が必要だということ。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・作業工程表を活用し、休憩の間にやることを頭の中で整理してから作業に臨んだ。
・プリセプターである先輩職員に聞くことはもちろん、同期の方々とも積極的に意見を交換し合い、情報交換を行いながら頑張ろうという気持ちを共有した。
・早く寝るなどして翌日の勤務に備えた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・先輩職員から1食1食がお客様の最後の食事になるかもしれないということを自覚したうえで調理業務に当たってほしいとの言葉をいただいたこと。
・自分が作った茶碗蒸しをお客様が楽しみにしてくださっていて、配膳に行った際にとても嬉しそうに「待っていたよ。」との声をかけていただいたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・食形態に関わらず綺麗に盛り付けを行い、お客様に楽しみにしていただける食事作りを心掛ける。
・余裕を持って作業を行うことが出来るよう、調理作業に当たる前に質問やイメージトレーニングなどを行う。
・そして、作業に余裕が出来るようになったら、ソフト・ムース食をさらに常食の形に近づけるための作業を積極的に取り入れる。

2016年3月 シェフパティシエ専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームこころの杜
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・介護という分野はこれまで経験が全くなかったので、大変だったことを上げればきりがありませんが、一番大変に感じたのはお客様とのコミュニケーションでした。
・最初は何をしゃべっていいのかわかりませんでしたが、徐々に話せるようになって来ました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様が心を開いて頂けるよう笑顔で接するように心がけました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自分が行った事でお客様が笑顔になったり、「ありがとう」と言って下さったときです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・どんな場面でも冷静な判断や考えが出来るように、成長できるよう頑張っていきたい。

2016年3月 新潟情報専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
デイサービスセンターポプラ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・入職当初、介護することが初めてだったので、基本的な排泄介助や移乗介助、業務中のルール、お客様の顔と名前、個々の対応を覚えることが特に苦労しました。また、先輩職員に話しかけるタイミングがわからないことがあり覚えるまでに時間がかかりました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・全部一気にやろうとするとできないので一つ一つ出来ることを増やしていくことと、先輩職員に話を聞いてもらったり、自分の好きなものや食べ物をたくさん買ってストレスを発散させて仕事に挑みました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自分一人で任されてやることが増えたことやご飯の量が多いこと、名前を覚えてもらったこと、「いつも元気ないい声だね」とお客様から褒めてもらったときです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・大浴・個浴のお風呂介助をマスターしてリフト浴に早くはいれるようになること、職員の一員として仕事が安全にできるようになること

2016年3月 前橋医療福祉専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
健康倶楽部ゆざわ 小規模多機能型居宅介護
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・介護の仕事が初めてで、業務のイメージがあまり無かったので、一日の流れを覚える事が大変でした。特にお客様とのコミュニケーションの取り方が難しく、お客様の特徴をとらえる事が出来ず、お客様の情報を理解するのが大変でした。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様とのコミュニケーションの取り方を先輩職員の真似をしてみたり、どんな話題の話しをしたら良いかアドバイスをもらい、お客様とのコミュニケーションを取る様にしました。
入浴介助の時はお客様と一対一で関われるので、お客様の話を聞いたり、声を掛けたりしてお客様の特徴を知る事が出来ました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・歩行が不安定なお客様の入浴介助で、初めての時は転ばないかなど不安が沢山ありました。何度か先輩職員についてもらい、注意する所など覚えました。そして一人でそのお客様の入浴介助が出来た事が嬉しかったです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・日勤業務、早番は一人で出来る様になったので、遅番業務を覚えて夜間帯のお客様の状態等を少しずつ知っていき、一日の様子を見ていける様になりたいと思います。お客様の状態に合わせて、臨機応変に対応出来る様にしていきたいです。そのために100日プログラムの用語や病気などの知識を増やしていきたいです。

2016年3月 県内高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
管理栄養士兼調理員
勤務先
特別養護老人ホームまほろばの里川治 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・導線通りに定められた時間の中で作業を終わらせること(特に下処理、切り込み、調理業務)
・禁忌食や下茹で、ソフト食・ムース食での色分けの食材を考慮しながら調理の流れを掴むこと
・食材の性質に合わせた調理を行うこと(青ピーマンや舞茸は色を悪くしやすいため茹でて最後に混ぜ込む等)

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員に事前に業務内容について確認したり、効率よく作業を行うための工夫等を教えていただいた
・先輩職員の動きをよく見て、技術を盗む
・ノートに自分なりの導線を書いて調理の流れを把握した
・毎日色々な勤務を行うことで業務全体の流れを掴んでから、細かい業務を確実に覚えるようにした

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様の嚥下、咀嚼機能に合わせたやわらかい食事を提供するための工夫(刻み食のお客様も常食の形で提供する等)
・お客様に楽しんでいただくための行事やイベントの実施(納涼祭、まほろば喫茶、苗場カフェ、DS弁当、定食屋等)
・ラウンドでお客様から直接食事の感想をいただけること

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様と交流を深められ、また喜んで頂けるようなイベントを発案する
・季節を感じることのできる献立や、お客様のリクエストに応えられるような献立を作成する
・栄養教室のようなお客様の健康増進に貢献できるような取り組みを実施する
・調理だけでなく、栄養士としての業務も行えるようになる

2016年3月 岐阜女子大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
グループホームみかん
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・デイサービスではお客様が多く、曜日で変わる為、お一人おひとりの特徴を掴むこと、送迎の業務では特に、家の場所を覚えることが大変だった。入浴ではいかに安全に気持ちよく入浴していただけるか、目配り気配りが欠かせず大変だった。またグループホームに異動してからは認知症の方との会話や対応が上手くできず大変だった。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・周りの友達や同期に相談して気持ちを少しでも軽くしたり、自分に出来ることを少しずつやっていこうと行動した。また、先輩職員からのアドバイスや、「誰でも経験することだからこれで落ち込んじゃだめ、まだ最初なんだから今回のことを教訓にしてこれから頑張っていかなきゃ」などの励ましの声をいただき、それを糧にして乗り越えてきた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・いつでも元気に笑顔でお客様に接して、お客様も笑顔にしている職員をみて、私も大変そうな態度や顔を見せずに業務にあたろうと感じた。また、何気なくしたことに対して「ありがとう」や「がんばれ、お疲れさま」などと声をかけてもらったとき、また頑張ろうと思えた。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・認知症の理解をもっと深めてお客様が気持ちよく過ごせるように支援していきたい。今年は、社会福祉士を絶対に受かって資格を取得して、数年後には介護福祉士となれるようにしたい。「こやまケア」を忘れない介護技術を身に着けていきたい。

2016年3月 高崎健康福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
グループホームこもれびの家
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・入浴介助や食事介助、排泄介助の際にお客さま一人ひとりに寄り添ったケアを考え、行うこと。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員のやり方を見て真似したり、不安な時は先輩職員に聞いたり直接お客様との会話の中でお聞きして、その方にとって最善のケアが行えるようにした。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・入職して初めて感動したことは、初対面にもかかわらず移動の介助の際、お客様の方から手を握って下さったこと。また、職員同士で助け合い、感謝の言葉を忘れずお客様に対しても「ありがとう」の言葉が飛び交う職場で働けていること。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・業務は一通り覚えることができたので、今後はもっとお客様が生き生きと毎日を過ごすことができるよう、レクリエーションや行事の企画に挑戦していきたい。

2016年3月 国立音楽大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の顔と名前を一致させ、お客様1人ひとりの状態や注意点を把握すること。
・早番、遅番、夜勤と全ての勤務形態の業務を覚えること。
・お客様とのコミュニケーションの取り方や、信頼関係の築き方。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・お客様の顔と名前が一致するまでは、お客様に名前を伺ったり他の職員に確認をした。日々お客様と関わることで、いつの間にか一致する様になっていた。
・1日のスケジュールを常に持ち歩き、1つ1つ確認をしながら業務にあたった。分からないことはすぐ聞くようにした。
・先輩職員のお客様との関わり方を観察し、真似をすることから始めた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自分がお客様のおむつ交換をさせて頂く際に初めは、お客様が「大丈夫かなー。」と不安な顔を浮かべていらしたが回数を重ねると、「ありがとう。」や、「おむつ交換お願いしてもいい?」と言ってくださったこと。
・食事介助が上手くいかず先輩職員に手伝って頂きながら行っていたが、初めて1人で行うことができ、お客様が全量召し上がってくれたこと。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・日々の業務に集中するのではなく、お客様との関わりを多く持ちコミュニケーションをたくさんとる。
・お客様1人ひとりに寄り添い、お客様の気持ちを理解できるようになる。
・いつでも声掛けを忘れず1つ1つの介助を丁寧に行い、お客様が不快とならないようなケアをする。

2016年3月 新潟医療福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木小規模多機能型居宅介護
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・部署の1日の流れを覚えること。
・どの時間にどの業務を行うのか覚えること。
・お客様一人一人の顔と名前、それぞれのお客様の身体の状態を覚えること。
・お客様とコミュニケーションをとること。
・どこまで介助が必要なのか覚えること。
・排泄や手引き歩行などの介助の仕方を覚えること。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・分からないことは先輩職員に積極的に聞いてメモを取るようにした。
・今まで「はい」か「すみません」しか言っていなかったが、「ありがとうございます」という言葉を多く使うようにした。
・先輩から頂いたアドバイスを意識して実践した。
・お客様のそばを通るときや来所された時など、ちょっとしたタイミングで話しかけるようにした。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・以前入浴介助がうまくできず、険しい表情になってしまったお客様がおられた。その後先輩職員のやり方を見せて頂いたりシミュレーションをして再びその方の入浴介助を行うと「この前と全然違うね」「上手になった」と言って下さったことがとても嬉しかった。
・先輩職員が忙しい中で自分の為に時間を作って教えて下さることに気づき、とても嬉しかった。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様に喜んでいただけるような新しいレクリエーションの企画をしてみたい。
・今後より要介護度の重いお客様が利用された時に対応できるよう、介護技術を上げたい。
・お客様とより多様な話題でコミュニケーションを取れるようになりたい。
・入浴介助に時間がかかっているので、お客様に気持ちよく入浴していただきつつ手際よく進めたい。

2016年3月 富山国際大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の顔と名前が一致しなかった為、覚えきるまで時間がかかった。
・普段関わる事の少ない他のユニットのお客様の入浴介助などで、その方のADL等を把握出来ておらず情報の把握不足を感じた。
・業務を定時に終わらせることが出来ない日々が間続いてしまったこと。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・ちょっとした時間を利用して他の番地のお客様と関わる機会を設けたり、他のユニット
の職員から情報把握を行った。
・部署会議で自身の悩んでいる事を発言し先輩職員から助言を受け、それを元に自身でも解決方法を探っていった。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様からの「ありがとう」の言葉や、発語の無いお客様が私の言葉に笑顔を見せなが頷かれているのを見た時に暖かい気持ちになった。
・お客様が私の名前を覚えてくださり、名前で呼んで下さった時にはとても嬉しかった。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・そのお客様一人ひとりに視点を向け、より良い「個別ケア」を行っていけるようにする。
・今は業務をきちんと行う事に目を向けがちだが、これからはお客様との関わりの部分に
目を向けていけるように余裕を持って仕事を行えるようにする。

2016年3月 長岡こども福祉カレッジ卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・初めはお客様の名前と顔を一致させる事や1人1人の状態を把握し、それに合った介助方法を覚え実践に移していくと同時にそれぞれの業務を覚えることが大変でした。先輩と同じように出来なければお客様にとって良くないことだと強く思ってしまい、そんな時にお客様の不穏等で怒鳴られてしまった時、どうすれば良いか分からず涙を流す日々でした。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・毎日お客様と関わる前に、先輩に聞き名前と特徴をメモして関わるようにしました。お客様の名前を声に出し介助を行うと、次第にお客様の名前と顔が一致して自ら進んで声を掛けられるようになりました。業務は、教えてもらい行っていく都度メモをしタイムスケジュールと照らし合わせ頭に落とし込んでいきました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・自身はまだ経験や知識も浅いのに、介助を終えると「ありがとう」「幸せだわぁ」等とお礼を言われたことです。目の見えないお客様には、日を重ねるごとに「俺はOOOだ。おめさんなんていう名前だ」「あぁ、そうだな。あんた田中さんの声だ」等とお客様の方から話して下さったことです。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様1人1人と今以上にしっかり向き合って傾聴し、出来るだけ希望に沿った支援や介助を行っていきたいです。そうする事で、もっとたくさんの生き生きとした笑顔を引き出すことが出来ると思うからです。そのためには、自分がどんな時でも明るい笑顔でいます。

2016年3月 敬和学園大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
機能訓練指導員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様1人1人の顔と名前と食事形態を覚える事。
・お客様にリハビリ訓練をしっかり行う事。
・軽度から重度のお客様の移乗の方法を覚える事。
・お客様とのコミュニケーションの難しさ。
・介護の経験がなかったため、不安が大きかった事。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・分からないことは、自分で調べたり、先輩職員に聞いたり、先輩の技を参考にして自分のスキルを上げることに務めた。
・1人1人のお客様と関わる時間を増やして、お客様を知って、より良く関わることに務めた。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・先輩のお客様に対する接し方や、介助の手際の良さに感動し、参考にしたいと思った。
・お客様の笑顔がをみることができたとき。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・リハビリ対象のお客様の状態の把握を優先に業務を行っていた為、他のお客様の対応に困ることが多々あった。今後は、より多くのお客様の状態を把握することができるように務めたいと思う。

新潟医療福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
管理栄養士兼調理員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木 栄養科
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・厨房内の仕事の流れを覚えること
・作業の細かいことをおぼえること
・お客様との関わる時間を確保すること
・提供時間を守りかつ盛り付けかた等の質を落とさないこと

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・厨房内の仕事の流れと時間配分などを先輩職員にきいた
・洗浄などの作業のスピードを上げて盛り付けの時間を確保した
・配膳のときにお客様に必ず挨拶をするようにし、下膳のときにはお客様に一言でも話しかけることを心掛けた

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・先輩職員の一食一食への熱い思い
・家にいるようにくつろいでもらいたいという介護職員のユニットの雰囲気づくりのこだわり
・お客様が親しみを込めて話しかけて下さったこと(「今日もおいしい食事をありがとう」「おいしかった」「ご苦労様ですね」)

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・今までは先輩職員に教わってばかりだったので、これからは業務を素早く的確におこなう
・お客様との信頼関係を深め、お客様の声をより引き出せる栄養士になる

・先輩栄養士が行っていた業務を少しずつでもこなしていきたい

2016年3月 新潟医療福祉大学卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
特別養護老人ホームくりの木
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様から介助をしている際に咬まれたり、トイレ介助を行う際にお客様が失禁されており、清拭で拭かせて頂こうとすると、お客様から叩かれてしまいました。コミュニケーションをもっと積極的に取り、お客様の情報をもっと知ってから介助に当たらなければならないと感じました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・上記のトイレ介助の際は、お客様の介助中に泣いてしまいました。その後は少しそのお客様と関わる事が恐怖になってしまいましたが、だんだん介助にも慣れていき、咬まれそうになる時には「すぐに介助終わりますよ」などと声掛けを工夫していきながら、そのお客様にも慣れていきました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・苦手なお客様のトイレ介助後に「何か飲み物要りますか?」と聞いた所、「何もいらね、あんたの顔が欲しい」と仰って頂いた時には、とてもうれしく感動しました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・自分の得意な事を活かし、お客様の笑顔が見られるように頑張っていきたいと思います。まだ自分からコミュニケーションがあまり取れていないので、自分から積極的にコミュニケーションが取れる様にもなっていきたいです。

2016年3月 新潟医療福祉カレッジ卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
アーバンリビング鳥屋野ショートステイ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・もともと人前で話すのが苦手で、大きな声を出すことが苦手でした。その為、お客様に声をかけても聞き取ってもらえないことがありました。また、介護の仕事も知識のない状態で入職したので覚える事が沢山あり、早く覚えて出来る事を増やしていかないと同期の人において行かれるんじゃないかと不安でした。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・ミーティングや体操などで大きな声を出すことが多く、次第に声が出るようになりました。最初は聞き取ってもらえなかった声も、沢山のお客様に関わっていくうち聞き取ってもらえるようになりました。介護の仕事は焦らずゆっくり自分のペースで覚えていけばいいと先輩職員にご指導頂けたので自分の出来る事から覚えるようにしています。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様に顔を覚えて頂いた時が職場の一員になれてきているのではないかと感じました。また、お客様に名前で呼んで頂いた時に、自分が必要とされているということに喜びを感じました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・まずは、今出来る事を確実に覚え経験を積んで、新しく出来る事を増やしていきたいです。また、介護福祉士など資格を取り、様々な事に取り組んでいきたいと思っています。お客様と職場全体を笑顔にすることができるような職員になっていきたいと思います。

2016年3月 県立高等学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
機能訓練指導員
勤務先
アーバンリビング鳥屋野デイサービスセンター
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様の顔と名前を覚える事です。配属がデイサービスで毎日違うお客様がいらっしゃるので、覚えるのが苦手な私にとっては大変でした。お客様の名前を間違えないように毎回「お名前お伺いしてもよろしいですか?」と聞くのが申し訳なく感じていました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・先輩職員に座席表を毎日自分のノートに書いて行動することで覚えられると聞いていたので毎日書いていました。また、自分から話しかけに行くことでそのお客様の特徴をつかむことができ仲良くもなれますし、お名前も覚えられました。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・5月から機能訓練の業務が始まり、個別の機能訓練を一人で実施させて頂いたときに始めは立位が30秒くらいしか保てる事ができなかったお客様が機能訓練を重ねて1分40秒まで保てるようになったときは自分のことのように嬉しくなりました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・研修に参加し、自分のスキルアップにつなげていき、結果の出る機能訓練を行っていきたいと思っています。デイサービスで振り分けられている係の仕事や、レクの企画など積極的に行っていきたいと思います。

新潟保健医療専門学校卒

2016新入職員に聞いてみました(入職3か月頃)

役職
介護職員
勤務先
アーバンリビング鳥屋野ショートステイ
入職年月
平成28年4月

Q:1入職してこれまで大変だったことはどのような事でしたか?

・お客様のお名前とお顔を一致させることです。ショートステイなので一度覚えたお客様が帰宅されると名前とお顔が曖昧になってしまったり、お会いした事のないお客様が利用された際に新しく覚える事が難しいと感じました。今行っている早番、日勤、遅番の業務内容を覚える事も難しいと感じました。

Q:2大変だったことをどのようにして乗り越えることができましたか?

・日々の業務を行う中でわからない事があった時には先輩職員に聞いて、メモを取り、あとで見返す事で覚えていくようにしています。お客様のお名前を覚える事については、そのお客様の特徴をとらえたり、お声掛けをする時にお名前をお呼びするようにしています。その都度自分自身で意識する事で覚えていけたと思います。

Q:3入職してこれまで感動したこと(心を動かされたもの)をお聞かせください

・お客様の居室や、フロアにお送りした時や、お客様からお聞きしたお願い事を行った時などに「ありがとう」と言ってくださった事です。又、名前を呼ばれて「仕事頑張ってね」と言われた時にも、嬉しさを感じました。他にも、わからない所を先輩職員に何回も聞いているのに嫌な顔をせずに優しく教えてくださった時に優しいなと感じる事がありました。

Q:4あなたはこれからどんな事に挑戦していきたいですか?

・お客様の食事形態や排泄介助の際に必要な物品の全員分を把握しきれていないので、そのお客様に適した物品が早く覚えられるように努力していこうと思います。又、先輩職員から指示をされて動くのではなく自ら動けるようになりたいです。お客様や先輩職員から「役に立つな」と思ってもらえる職員になっていきたいです。

2016年3月 県立高等学校卒

先輩に聞いてみました!!

役職
介護職員
勤務先
介護老人保健施設みさと苑
入職年月
平成25年4月

Q1. 私の仕事を一言で表すと?
人生の先輩と関わることができる仕事です。
Q2. 標準的な1日のスケジュール
大きく分けて4つの勤務時間があり、7時~16時の早番、8時~17時の日勤、11時30分~20時30分の遅番、17時~翌日9時の夜勤です。各勤務帯での職員が協力し合い、利用するお客様の1日の生活をサポートさせて頂いています。
Q3. 詳しい仕事内容
各勤務帯で業務内容は変わりますが、基本的には上記の通り、利用するお客様の生活のサポートです。食事、排泄、入浴、休息など、私たちと同じようにお客様も生活されているので、その中でお客様が快適に過ごして頂けるように取り組んでいます。
Q4. 仕事をしていて嬉しかったこと
お茶を注がせて頂いたり、排泄のお手伝いをさせて頂いた際に「ありがとう。」と笑顔で声をかけてくださることです。私たちの行いが、そのままお客様の声となって表れていると感じる瞬間です。
Q5. 仕事の魅力・面白さ
生活のサポートと言っても、何でもお世話をするのではなく、お客様自身が出来ることはして頂き、出来ない所をお手伝いするのが介護であり、魅力でもあります。介護によって、今まで出来なかったことが少し出来るようになるまでの過程を共有できることはとても面白いです。
Q6. 仕事の苦労・難しい点
介護の施設では、認知症のお客様がほとんどだと思います。私たちがお手伝いをしようと思っても、自分が何をされているのか分からないお客様もいらっしゃいますし、強く拒否されることもあります。そんな時こそチームとして話し合い、改善策を導きます。
Q7. 入社動機・この会社を選んだ理由
小さい頃から高齢者の方と関わることが好きでしたし、デスクワーク中心の仕事よりも、体を動かす仕事の方が自分に合っていると思いました。また、職場の地域も小さい頃から慣れ親しんだ場所であったということも理由の一つです。
Q8. 職場の雰囲気について
新人からベテランまで、冗談を交えながら楽しくお仕事をさせて頂いています。また、日頃からお客様の変化や業務改善など、気が付いたことがあればすぐに全体で情報を共有し合っています。
Q9. 入社する前と後で、仕事・会社に対するイメージが変わった点は?
入職前は、介護職だけの仕事と思っていましたが、実際には食事を作る栄養科や、看護、リハビリ等、様々な職種と連携をとりながらお客様に合わせた生活をサポートさせて頂いているということが大きなイメージの変化です。
Q10. 就職活動中の学生の皆さんへメッセージ
どの仕事をするにしても、経験したことのないことは誰でも不安だと思います。しかし、自分から積極的にアクションを起こしていけば、様々な発見、出会いがあるはずです。行動する勇気と信念を持って頑張ってください!